windows版emacsの簡易設定

zipファイル:

emacs-24.5-shared-libgcc-nodebug

init.elファイル:

;; ロードパス (setq load-path (append “C:\~\emacs-24.5-shared-libgcc-nodebug/site-lisp/” load-path)) ;; 行数表示 (line-number-mode t) ;; 列数表示 (column-number-mode 1) ;; スタートアップページを表示しない (setq inhibit-startup-message t) ;; バックアップファイルを作らない (setq backup-inhibited t) ;; タブキー ;;(setq default-tab-width 4) ;;(setq indent-line-function ‘indent-relative-maybe) ;; シフト + 矢印で範囲選択 ;;1(setq pc-select-selection-keys-only t) ;;(pc-selection-mode 1) ;; フォント設定 ;;(if (eq window-system ‘mac) (require ‘carbon-font)) ;;(fixed-width-set-fontset “hirakaku_w3” 12) ;;(setq fixed-width-rescale nil) ;; ウィンドウを透明化 (add-to-list ‘default-frame-alist ‘(alpha . (0.85 0.85))) ;; メニューバーを隠す (tool-bar-mode -1) (setq line-number-mode t) ;;カーソルのある行番号を表示 (setq visible-bell t) ;; 警告音を消す ;; リターンで改行とインデント ;;(global-set-key “\C-m” ‘newline-and-indent) ;;(global-set-key “\C-j” ‘newline) ; 改行 ;;; 初期フレームの設定 (setq initial-frame-alist (append ‘((top . 50) ; フレームの Y 位置(ピクセル数) (left . 35) ; フレームの X 位置(ピクセル数) (width . 70) ; フレーム幅(文字数) (height . 42)) ; フレーム高(文字数) initial-frame-alist)) ;;; 新規フレームのデフォルト設定 (setq default-frame-alist (append ‘((width . 70) ; フレーム幅(文字数) (height . 42)) ; フレーム高(文字数) default-frame-alist)) ;;ウインドウカラー (set-background-color “Black”) (set-foreground-color “White”) (set-cursor-color “Gray”)

macはemacsのままで良いけど、winはsublimeに乗り換えようかな…。